テーマ:農商工観光連携

伊勢崎商業高校創立100周年記念プロジェクト  「地域に『喝!』どん」

★地場産味わうフェアde伊勢崎テロワール ★「地域に『喝!』どん」の第2弾が6/1からスタート!     2年前から「伊勢崎『農&食』戦略会議」と連携し、広報活動などを続けている同校の商業研究部が、今年度は伊勢崎商業高校商業創立100周年記念プロジェクトの一環として「地場産味わうフェアde伊勢崎テロワール 地域に『喝!』どん」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年度全国農業新聞連載Ⅹ 上州アグリ100年ブランド戦略

★ブランド・テロワール戦略 ★農商工観光連携の地域経済  「まずは足元から地盤を固める」とは、当方が提唱する戦略論「本丸・出城・遠征」にも通じるが、これは欧州で今も延々と受け継がれるテロワール的な概念にもよく似ている。  ウィキペディアによればテロワールとは――土地を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年度全国農業新聞連載Ⅸ上州アグリ100年ブランド戦略

★群馬県中央域を「本丸」に ★「地域No.1ブランド」を  もう一度、③の「自己分析」に立ち返って、当協議会の各会員たちが所有する経営資源や中核能力の「真の実力」を分析してみるならば、おおよそ次のようになるだろう――。  …AI・IoTを活用するような先端農業には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年度全国農業新聞連載/上州アグリ100年ブランド戦略 Ⅷ

★強豪がひしめく首都圏市場 ★百貨店頼みはブランド逸脱  農業者の中核能力「土づくりや栽培技術」を向上し続けることこそ、生き残るための唯一の手段――そんな視点から生まれた「100年ブランド化」構想ではあったが、もちろんこれだけで④の「仮定仮説」が完結したわけではない。  仮に、近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年度全国農業新聞連載/上州アグリ100年ブランド戦略 Ⅶ

★「消滅の危機」にある地方経済 ★「100年ブランド」の意義とは  前々回、前回と「首都圏進出の幻想」を描いてきたが、話を本題に戻そう。  「上州アグリ100年ブランド協議会(奈良哲男会長)」が目標に掲げた「100年ブランド化」と「半径30kmの地域経済圏確立」、二つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年度全国農業新聞連載/上州アグリ100年ブランド戦略 Ⅵ

★全国の強豪が集中する首都圏 ★地域No.1の実力あってこそ  「首都圏開催の販促会や商談会に出展する」とは、つまり「首都圏方面に販路を開拓する」という願望の現れなのだろうが、そうした指導機関や生産者を見るにつけ、いつも思うのは「あまりに安易すぎないか」という危惧である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年度全国農業新聞連載/上州アグリ100年ブランド戦略 Ⅴ

★自ら生産し加工し販売する ★整合性ある体系的な戦術へ  従来的な市場出荷、もしくは2000年頃から普及した大手加工・流通業者への直販(契約)に、地道な戦略発想など不要だったろう。   なぜなら買い手の指示通りに生産すればコト足りたからだし、あとは産地化というスケール・メリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年度全国農業新聞連載/上州アグリ100年ブランド戦略 Ⅳ

★半径30kmの地産地消経済圏 ★区域を越えて不得手を補完  絵に描いた餅のような、「地産地消」の超低普及度…その解決策に浮上したブランド力の強化とは…。  たとえば、中山間地域なら――過疎化で地元に消費者がいないのだから、首都圏から人を呼び込むしかない。  地域内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more