テーマ:直売所

2017年度全国農業新聞連載/新機軸への提言Ⅷ

★平準化への巡回車システム ★ラストワンマイルも可能に  「からか~ぜ」が準備していた二つの「新機軸」のうちの、二つ目とは巡回車システムの構想だった。  JA佐波伊勢崎の直売所5店舗は市域を取り囲むように分散・配置されていて、各店舗地域の農業形態、得意品目、出荷量にはそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年度全国農業新聞連載/新機軸への提言Ⅶ

★観光農園・体験農場を併設 ★後継者問題を直売拠点から  「登録制」を導入した直売所「からか~ぜ」には、さらに二つの「新機軸」が構想されていた。  その一つは、店舗の隣接地に観光農園・体験農場を併設するという、都市近郊型の直売所としては「異例」の構想だった。  伊勢崎市域は平坦地で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年度全国農業新聞連載/新機軸への提言Ⅵ

★運営者主導のマネジメント ★出荷者都合より消費者目線  一般的に直売所を開設する場合、施設の運営者は事前に周囲一帯の農家を集め、出荷者組合を設立してもらう。運営者は開設後、棚割りや陳列、品揃えなどをすべてその組合に委任する――これが従来型の「組合制」産直システムである。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年度全国農業新聞連載/新機軸への提言Ⅴ

★誰でも出荷可能な「登録制」 ★「独占や縄張り」の解消を  2010年にJA佐波伊勢崎が開設した直売所「からか~ぜ」は前橋市や玉村町との境界にも近い県道104号線沿いに位置している。  周囲はごくありふれた田園風景の、閑散とした農村区域にある直売所だが、1万㎡以上の広大な敷地に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more