2019年度全国農業新聞連載「戦略論のウラの裏側」Ⅹ

2019度連載用ロゴアウトライン.jpg




★「臭いものには蓋」が横行?
★「諦めない自治体」も一部に



 
 今年度の連載は「戦略論のウラの裏側」と題して、筆者が平素の講演では話しにくい、地域農業の特殊な事情や本質的な課題を戦略発想体系に沿って全般的に書いていくつもりだった。

 だが、書き進めていくうちに、戦略発想体系の「①環境変化」から「②行動単位」の間に潜む「ウラの裏側」があまりに多すぎて、「③自己分析」以降に進めないまま、最終回を迎えてしまったことは誠に申し訳なく、読者には深謝するしかない。

 ただ、①~②の間にある問題は地域戦略の最終的な成否を決する重要部分であり、否応なし筆者も神経質にならざるを得なかったというのもホンネである。

 その理想を書けば――まずは地域の政治的環境を正常化し、無責任体質の集権制や平等意識を排除し、真に才覚ある人材をリーダーに組織編成する――となるが、筆者の経験から言うと、大方の地域がこうした重要課題の抜本的な解決を避け、「臭いものには蓋」で回避したままハード事業の整備だけに執着してきた…と受け止めざるを得ない。

 かつての経営構造対策事業が地域に戦略的な波及効果を生むことなく、各地ともに「いっときの打ち上げ花火」で終わったのも究極的にはそこに原因がある。

 経営構造対策事業は情報収集や地域合意形成などソフト事業も十分に用意された施策であったのに、その戦略的な価値と体系を理解せず、政治的・組織的な課題を克服することもなく、「集出荷・加工・直売・飲食・宿泊」といったハード事業に心奪われ、思いつくまま自らに都合よく、しかも単発で何の脈絡もなく断片的に導入整備してきた、その結果であったろう。

 ゆえに、こうした「地域ぐるみ」を諦めて、先進的農家だけを「一本釣り」するように登場したのが今の6次産業化ではなかったか…。

 だが、それは「地域から個人へ」「面から点へ」と方針を大幅に後退させた飛沫的な作戦に過ぎず、十数年後には生産者の激減で消滅の危機にさえ直面しそうな日本農業にいかほどの効果をもたらすのか、はなはだ疑問と言わざるを得ない。

 だからこそもう一度原点に立ち返って、地域戦略を根本から――と言いたいところだが、多くの地域に「臭いものには蓋」の慣習が横行する限り、これもしょせん無理な話であろう。

 …とは言え、その一方には、戦略の本質を理解し、幾多の困難に悪戦苦闘しながらも諦めることなく、地域の戦略的活性化を地道に目指そうとする自治体が、ほんの一握りながら県内に存在するのもまた事実だ。

 いずれは、そんな自治体の紹介も含めて③以降の「ウラの裏側」を当連載で執筆できれば幸いである。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント